口内悩みを抱える人は多い

口内環境の悩みを持つ方は多く歯並びが悪いと虫歯になりやすかったり、見た目が気にいらなかったりする等、健康的にも美容上でも不満を持つケースがあります。人と接する仕事をしている方は、なおさら口内の悩みを解消したい感じることでしょう。

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違い

取り外しの有無

マウスピースはワイヤー式に比べて取り外しができるので、治療中の煩わしさ等の負担が少なく、食事がしやすい、歯磨きがしやすいなどのメリットがあります。また口内を傷つけるリスクも少ないと言えます。

見た目の違い

ワイヤー式は目立ちやすいデメリットがありますが、マウスピースなら日常の生活で装着したままでも、目立つことなく自然です。容姿や美容を気にする方にとって、矯正にも積極的に取り組むことができます。

色々ある矯正治療|矯正歯科で美しい歯並びをゲットしよう

歯科矯正

目立たない治療法もある

矯正器具は長期間装着する必要があったり、目立つために美容上の悩みとなったりする可能性があるために敬遠する方もいます。しかし、矯正方法の中にはマウスピース矯正などのように、装着していることが目立たない治療方法もありますので、自分の希望にあったやり方を歯科医と相談して選択することが大切です。

歯科で行なわれている治療内容

マウスピース

一般歯科の虫歯の治療

残念ながら虫歯となってしまったら、症状の進行具合によって抜いたり、削ってエナメル質の修復を図ったりする治療を行います。昨今は歯をできるだけ残すこと、及び治療時の痛みを軽減する手法が進んできており、患者のために最適案治療方法を提案する歯科医が増えてきています。

できるだけ歯を残す歯根の治療

虫歯の症状が悪化したり、治療を繰り返しても痛みがあったりするケースでは、歯の神経の治療を行う必要があります。最終的には抜歯に至ることもありますが、昨今では可能な限り抜歯せずにすむように、神経を処置して歯を残す根管治療を行うのが一般的になってきています。

予防が大切な歯周病治療

歯周病は歯茎の病気であり、歯の磨き残しなどが原因で歯周病による歯茎の腫れや出血が見られます。症状が悪化すると歯が抜け落ちる怖い病気ですので、症状の改善や予防の指導を歯科で行います。プラークや歯石を取り除く治療は歯科の治療を受けるのがベストな選択です。

矯正歯科治療で見た目も健康も改善

かみ合わせや歯並びを治療する矯正歯科では、症状と患者の希望に合わせて最適な方法が選択されます。ワイヤーブラケットやマウスピースを装着して、数ヶ月から年単位でゆっくりと負担をかけずに治療を行うのが一般的です。保険の対象となるケースがありますので相談しましょう。

インプラントで失った歯を補強

虫歯や歯周病で失った歯を再生させる治療の一つです。歯の土台となるインプラントを顎の骨に埋め込む方法であり、これに義歯を固定して独立させますので周囲の歯に負担をかけません。審美に分類される手法であり、例外を除き一般的なインプラント治療には保険が適用されません。